ニュースルーム


Wednesday, 05 July 2017
FSCジャパン第1回ステークホルダーミーティング開催

FSCジャパン第一回ステークホルダーミーティング

FSCジャパンは2017年6月26日(月)、FSC認証の普及に向けて広報体制の強化および認証材の流通拡⼤に向けた活動を展開すべく、FSC認証製品の利⽤に取り組む企業のご担当者、CSR部⾨・広報部⾨のご担当者との連携を目的として、第一回ステークホルダーミーティングを開催しました。各業界より16社21名の方々にご参加いただきました。


当日は冒頭にFSCジャパン代表 太田が開会のご挨拶、また事務局長 前澤がFSC認知度の現状や目標値について説明し、広報担当の河野からはFSCジャパンの広報活動の現状や今年度の広報計画について報告しました。

参加者の方々からは、自己紹介を兼ねて各社のFSCの取り組みの紹介をしていただきました。ご紹介いただく中で、FSCを導入する際の部内の認知度の低さや製品へのFSCマークの表示方法の難しさなど、現場目線での努力や苦労が伺えました。

ミーティングの後半には、改めて各社の現状の課題共有、それをFSCジャパンと協働することでどのように解決していけるのかについて、2人1組になりディスカッションを行いました。初対面の方も多くいらっしゃいましたが、参加者同士の意見交換は非常に活発に行われました。

その後、2人で意見交換した内容を全体に共有いただきました。「FSCラベル生活者の認知度が未だに低く、商品購入の動機につながらないことが懸念される」「社内でもFSCの認知度がまだ低く、インナーコミュニケーションが必要と感じる」「海外に比べて森林問題に対する危機感が薄く、意識の醸成が重要では」等、取り組むべきさまざまなテーマが発表されました。

今回いただいた貴重なご意見は、FSCジャパンとして今後のFSC認証の普及に向け具体的な計画を策定および推進していきます。また、今後も業界や企業の壁を越えた“横”の連携を強めるべく、定期的にステークホルダーミーティングを開催していく予定です。

※今回ご参加いただいた企業は下記の通りです。(五十音順)
イオン株式会社/株式会社イトーキ/王子ネピア株式会社/花王株式会社/キリン株式会社/スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社/セブン&アイ・ホールディングス株式会社/日本生活協同組合連合会/日本テトラパック株式会社/日本マクドナルド株式会社/三井物産株式会社/三菱製紙販売株式会社/三菱地所レジデンス株式会社/森永乳業株式会社/雪印メグミルク株式会社/ユニ・チャーム株式会社


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218