ニュースルーム


Wednesday, 24 January 2018
インドネシア、ジャカルタで国際木材見本市の開催:3月6日~10日

International Wood Trade Encounter 2018 (© TBI 2018)© TBI 2018

責任ある森林管理に由来する熱帯木材が必要な企業、デューディリジェンスの要求事項を満たす生産者を探している企業のために、2018年3月6日~10日、インドネシアのジャカルタで国際木材見本市&工場・認証林見学ツアーが開催されます。


見本市は、FSCインドネシアとボルネオ・イニシアチブの協力の下、インドネシアの林業営業許可取得者協会であるAPHIが主催いたします。インドネシアを代表するFSC認証木材生産企業や貿易企業が参加しますので、責任ある林産物をお求めの方は、是非この機会をご利用されていはいかがでしょうか。

3月6日に開催される見本市の後は、工場見学ツアーが計画されており、インドネシアの代表的な工場の視察も予定しております。またインドネシアのFSC認証林に興味のある方はカリマンタン島のFSC認証林を訪問することも可能です。

インドネシアのFSC認証材生産現場から、加工、輸出現場までをまとめて訪問でき、主要な企業との関係を構築できる絶好の機会ですので、是非ご参加ください。

申込み費用

  • 海外の木材貿易企業:100米ドル(1社につき3名まで参加可能)
  • インドネシアの木材業界の企業:100米ドル(1社につき3名まで参加可能)
  • インドネシアの林業企業:無料
  • その他の個人参加者:無料

インドネシアのFSC認証取得企業向けには、2m×2mのブースが用意されています。
また、上記には、旅費、滞在費、工場見学・森林見学の際の移動費用などは含まれておりません。

参加申込みはこちらから。

より詳しい情報が必要な方は、以下までご連絡ください。
ボルネオ・イニシアチブ:info@theborneoinitiative.org
FSCインドネシア:i.dewi@fsc.org

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218