テクニカル・アップデート


Monday, 15 October 2018
自然林の転換に関する新たな指針策定の開始

Forest Coversion WG (© Jesse Cruz / FSC International)© Jesse Cruz / FSC International

自然森林生態系を人工林または森林以外の土地利用に転換することに関する新たな指針の策定が開始されました。


この作業は、過去のFSC総会可決動議およびFSCグローバル戦略に基づいており、具体的には以下を反映すべく行われます:

  • 2017年総会可決動議7番:1994 年以降に自然林を転換して造られた人工林に関する要求事項として、過去の転換に対する補償として の自然生態系の復元及び保全の要求。
  • 2014年総会可決動議12番:2011年年総会の動議18の早期実現。
  • FSCグローバル戦略計画2015~2020:FSC が改良された森林管理と市場変化を先導する触媒となり、決定的な力を持って世界中の森林動向を持続可能な利用、保全、復元、すべての関係者への尊重にシフトさせる。
  • FSC実行計画 - アクション15:土地所有者の収入を増やすことで景観の保全と復元の手助けをする。

ワーキンググループには、北と南からそれぞれ環境、社会、経済を代表するメンバーが選ばれています。ワーキンググループは、2018年10月2日~5日にボンで集まり、最初のミーティングを行いました。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218