CoC認証

CoC認証 (© FSC A.C.)© FSC A.C.


森林から最終的なユーザーに届くまでに、製品は多くの加工製造、流通の段階をたどります。

FSC CoC認証はサプライチェーン全体を通じ製品が通る経路を全て辿って、FSC認証原料がきちんと識別され、他の非認証製品と分別されているかを確認するものです。

最終消費者の手前にある伐採業、製材業、製造業、流通業、印刷業や、小売業*など、林産物の所有権を有する企業を含むサプライチェーン内の企業は全て、FSC認証を取得しないと製品をFSC認証品としてラベリングや宣伝を行えません。

CoCプロセスは、購入するFSC認証製品が責任ある管理がなされた森林からの由来のものであることを消費者に保証します。FSC認証製品を購入する消費者にとって、彼らが手にする完成品の原料や素材となる林産物を所有した全ての企業はFSC認証取得者でなくてはなりません。

なお、FSCミックスラベルが2004年に登場して以来、管理された条件の下、非認証材をFSC認証材と混ぜて製造した製品でもFSCラベルをつけられるようになりました。

非認証原料を対象とした管理木材基準はこちらをご覧ください。

© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218