認証を取得するには

認証はFSCから直接発行されるものではありません。FSC認証サービスは、認定を受けた独立した第三者認証機関が提供しています。認証機関としての独立性を保つ必要から、認証機関が審査対象とする組織のコンサルテーションを行うことはできません。

How to get certified

FSC認証へのステップ

step
01

認証機関へのお問い合わせ

FSC 認定認証機関に問い合わせ費用及び時間の見積もりをもらいます。認証審査にかかる手間や費用は貴社の事業の規模、複雑さリスクなどにより変わってきますので、問い合わせの際に認証を予定している事業範囲について基本的な情報を提供する必要があります。このため、どの製品やサイトを認証範囲に含めるか決めておく必要があるでしょう。

step
02

認証機関の決定

認証機関を決めます認証機関から、FSC認証取得に当たっての条件や手順などの説明を受けた後、決定した認証機関と契約を取り交わします

step
03

認証機関による審査

認証機関が審査員を派遣し、該当するFSC認証規格に適合しているかどうかの審査が行われます。審査には事務所工場倉庫等への訪問が含まれますまた審査では管理体制管理手順使用伝票等の確認に加え、主な担当者の理解度を確認するためのインタビューも行われます。特にFM認証では周辺の利害関係者への聞き取りも行われます

step
04

認証機関による認証判断

審査員がまとめた認証審査報告書に基づき、FSC規格の要求事項が満たされていると判断されれば認証機関が認証発行を決めます。重大な不順守があるとされた場合は、重大な不順守が改善されるまで認証は発行されません。この場合認証発行までに是正措置を行い認証機関が改善を確認する必要があります

step
05

FSC認証取得

認証機関により5年間有効な認証書が発行されます。認証取得組織の情報はFSCの認証取得者データベースに公開され、検索可能になりますまたFSC商標ロゴなどを手順に従いお使いになれますまた認証を維持するためには、毎年一回認証機関による年次監査を受ける必要があります。年次監査では貴社がFSC認証基準を継続的に順守しているかを認証機関が確認します。

国内の認証機関

現在、日本国内でFSC CoC認証サービスを提供している認証機関はこちらの6社です(英語表記でのアルファベット順)。
多くは、認定を受けた海外の認証機関の国内提携先となります。一般財団法人日本ガス機器検査協会は、ASIによって直接認定されている認証機関です。
また、FM認証の実績があり、FM認証の新規顧客を受け付けている認証機関は2社(アミタ株式会社、SGSジャパン)のみです。

 

*1 認定番号:ASI-ACC-004
*2 認定番号:ASI-ACC-002
*3 認定番号:ASI-ACC-016
*4 認定番号:ASI-ACC-017
*5 認定番号:ASI-ACC-040

各認証機関の最新の認定状況や認定されているサービスの範囲についてはASIのウェブサイトをご確認ください。