「地球を笑顔にするHOUSE」ロゴ

国際的な森林認証制度FSC(Forest Stewardship Council®)の普及啓発を行うFSCジャパン(特定非営利活動法人日本森林管理協議会、代表:太田猛彦)が昨年開催したFSCアワード2020にて金賞を受賞し、FSCジュニア・アンバサダーとしてFSCマークの普及活動を行うNitobeアイビーズは、9月26日(日)にTBS系SDGsプロジェクト「地球を笑顔にするHOUSE」のオンラインワークショップ “森を守ろう!子ども会議”に出演しました。
ワークショップでは、FSCアワード2020の受賞作品であるFSCマークを普及するための絵本の読み聞かせやクイズ、「森を守るためにできること」を絵に描いてみるコーナーを実施し、森林を守ることの大切さや、FSCマークについて子どもたちへ分かりやすく伝えました。ワークショップには、全国から22組26名の子どもたちがオンラインで参加し、積極的にクイズに答えたり、それぞれが考えた「森を守るためにできること」について発表したり、大盛り上がりのイベントとなりました。

Nitobeアイビーズ オンラインワークショップ

出演を終えたNitobeアイビーズのメンバーからは、「参加者の子どもたちが積極的にアイデアを発表してくれて、それぞれにできることを考えてもらうというワークショップの目的を達成できた。」 、「学外の方と協力してワークショップを実施するのは今回が初めてであり、リアルな仕事の現場を見ることができて勉強になった。」、「学外の方々に協力してもらった分、最初は期待に応えられるか不安もあったが、たくさんの子どもたちが参加してくれて、楽しんでもらえて良かった。自分たちも楽しんで実施することができた。」といった感想がありました。
FSCジャパンとしても、今回のワークショップを通して、様々な地域の子供達やそのご家族にFSCマークを知ってもらうことができたことが大変喜ばしく、今後のNitobeアイビーズの活躍にますます期待しています。

尚、ワークショップの様子は、TBSのSDGs系YouTubeチャンネル『地球を笑顔にするチャンネル』で近日公開される予定です。