テクニカル・アップデート


Wednesday, 10 May 2017
管理木材戦略に関するパブリックコンサルテーション(意見公募)

男女平等

FSCでは今後の管理木材の扱いに関する戦略を構築するための取り組みを継続しており、最近では2月28日から3月2日にかけて管理木材戦略ワークショップが開かれました。この度、管理木材戦略に関して幅広い意見を求めるべく、討議資料が作成され、この資料に関するパブリックコンサルテーションが開始されました。


コンサルテーションの期間は2017年5月9日から6月11日までです。
頂いたご意見は、8月の管理木材戦略会議の際に反映され、その後10月のFSC総会において管理木材戦略最終草案が提出される予定です。

何について意見を募集しているの?

今回のコンサルテーションでは、「FSC制度において管理木材、ひいてはFSCミックス製品を継続し続けるか、それともいつか廃止するべきか」という大きな命題に対して、現在FSCが考える「ビジョン」と5つの「望ましい未来」が示されており、それぞれについて、いくつかの質問が用意されています。

特にパルプ・紙産業においては管理木材やFSCミックス製品が果たしている役割は非常に大きく、今回のパブリックコンサルテーションは、今後のFSC制度の方向性を決める上で非常に重要です。

以下から討議資料抜粋の日本語参考訳がダウンロードできますので、詳しくはそちらをご覧ください。あわせて討議資料の英語原文もダウンロードできます。また質問の一覧の日本語参考訳はページ下部からダウンロードできる「質問日本語参考訳一覧及びコメント英訳依頼フォーム」に含まれています。

コメント提出方法

今年からFSCではコンサルテーション手続を効率化するために「FSCコンサルテーションプラットフォーム」というウェブサイトを用意しています。

今後のコンサルテーションでは、原則コメント提出者がご自身で英語のコメントを同プラットフォームにてオンライン提出することが求められます。

同プラットフォームでは、最初にアカウントを作成する必要があります。
ページ下部にアカウント作成方法と回答方法を説明した資料を用意いたしましたので、これらを参考にご自身でコメントを提出いただくようお願い致します。

コメントの英訳が必要な方は、ページ下部よりコメント英訳依頼フォームをダウンロードいただき、日本語でコメントをご記入の上、6月2日(金)までにFSCジャパン三柴(ctomimura@forsta.or.jp)までメールでお送りください。英訳したコメントをメールでお返しいたしますので、ご自身でFSCコンサルテーションプラットフォームにご記入ください。

また様々な理由からFSCコンサルテーションプラットフォームが使用できない場合は、例外的にFSCジャパンからコメントを直接FSC本部に提出することが可能です。この場合もページ下部よりコメント英訳依頼フォームをダウンロードいただき、コメントをご記入の上、6月2日(金)までにFSCジャパン三柴(ctomimura@forsta.or.jp)までメールでお送りください。

FSCコンサルテーションプラットフォームはこちら。英語での回答期限は6月11日です。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218