テクニカル・アップデート


Friday, 13 April 2018
木炭のサプライチェーンにおける取引情報の照合に関するリマインダー

男女平等

認証木炭を扱っている認証取得者は、2018年上半期(1月~6月)の木炭取引情報を2018年7月31日までに提出する必要があります。


以前、こちらのニュースでお知らせしました通り、2017年にFSC認証木炭の信頼性に対して提出された申し立てを受け、FSCとASIでは問題の詳細な調査を開始しました。

ASIによる調査では、木炭のサプライチェーンにおいて取引相手同士が記録している取引量に不整合があるケースを多く発見し、これによっていくつものFSC認証が一時停止または取り消されました。

FSCでは、この結果を受け、木炭のサプライチェーに対する義務的な取引情報の照合を実施すること、そして認証木炭のファイバーテストを実施することを決定しました。

四半期ごとに提出が必要な取引情報

木炭のサプライチェーに対する取引情報の照合は2017年10月からのデータが対象です。2018年2月28日の期限までに提出された2017年第4四半期(10月~12月)の取引情報は既に分析が始まっています。
取引情報の提出期限は、四半期ごとに、次の月の最終日と決められていますが、2018年第1四半期(1月~3月)と第2四半期(4月~6月)の取引情報についてはまとめて7月31日までにご提出ください。第3四半期(7月~9月)の取引情報は10月31日が提出期限です。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218