テクニカル・アップデート


Tuesday, 12 March 2019
Mariusz Skrobot社(ポーランド)の商標ライセンスを取り消し

男女平等

2018年11月30日からFSC商標ライセンス契約が一時停止されていた、Mariusz Skrobot社(ポーランド)は、この度ライセンス契約を解約することを決定しました。これに伴い、同社のCoC認証も2019年2月22日付で取り消しとなります。


こちらのニュースでお知らせしたとおり、昨年ASIが実施した調査の結果、Mariusz Skrobot社が非認証熱帯木材を含む、不適格なブリケット及び木炭製品を大量に販売していた証拠が見つかり、同社の商標ライセンス契約は一時停止されていました。

Mariusz Skrobot社は、是正措置を講じる代わりにFSC制度からの脱退を決定しました。この結果FSCでは同社のFSC CoC認証を取り消すだけでなく、将来的にFSC認証を取得することを禁止しました。

FSCでは、不適合製品や誤ったFSC表示を伴う製品の取引に対して、今後も強固な措置を取るつもりであり、誠意を持ってFSC要求事項に従わない企業は、FSCとASIによる調査の対象となります。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218