認証の種類

認証の種類 (© FSC A.C.)© FSC A.C.


FSCの認証は、森林から消費者まで林産物やそれを含む製品を扱うすべての組織が対象となりますが、製品を市場に届けるための継続的な認証としては、2種類の認証があります。FM(Forest Management、森林管理)認証とCoC(Chain of Custody、加工・流通過程)認証です。

FSCの認証木材は、FSCの責任ある森林管理の規格を満たした認証林から生産されます。森林が責任をもって管理されているかを審査し、認証するのがFM認証であり、認証林から収穫された認証材が消費者の手に届くまでの加工・流通過程を認証するのがCoC認証です。

原則として、認証林から生産された木材でも、CoC認証を取得した組織でないとそれをFSC製品として販売してはいけません。木材は最終製品となり、消費者の手に届くまで、長く複雑な加工・流通過程を経ますが、CoC認証はその過程で不適格な木材と混ざってしまわないことを確認するためのものです。FSC製品が消費者の手に届くまでには、小売を除く、生産、加工、流通に関わるすべての組織が認証を受けなくてはなりません。

認証の種類FM認証、CoC認証ともに5年間有効ですが、認証を保持するためには、認証機関による1年に1回の監査に通らなくてはなりません。その際、不順守が見つかった場合は審査機関により改善要求が出され、一定期間以内に改善することが求められます。

認証には1つの組織単独で取得する方法と、グループで取得するグループ認証、複数の拠点を含めるマルチサイト認証という方法があります。

また、この他に、建造物や船、イベント会場などの一度しか作らないものに対する認証としてプロジェクト認証があります。FM認証やCoC認証と違い、プロジェクト認証は1回きりのもので、有効期限がありません。

© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218