FM(森林管理)認証

FM認証 (© FSC A.C.)© FSC A.C.


認証製品は認証された森林から生産された原材料から作られますが、何を以て責任ある森林管理というのでしょうか。
FSCの理念である「環境保全の点から見ても適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理」を具体化したのがFM認証の規格です。
最新のFM規格には10の原則、70の基準、更にその下に約200もの細かい指標があり、この規格に沿って審査を受け、大きな不適合がなければ認証を受けることができます。

FSC森林管理の10原則 (FSC-STD-01-001第5版):

  • 1. 法律の順守: 森林管理や取引に関する国内法や国際条約が守られているか?
  • 2. 労働者の権利と労働環境:労働者の権利や安全は守られているか?
  • 3. 先住民の権利:先住民の権利は侵害されていないか?
  • 4. 地域社会との関係:地域社会と連携し、よい関係を築いているか?
  • 5. 森林のもたらす便益:森林の多面的な機能が考慮されているか?
  • 6. 環境価値と環境への影響:環境への影響は評価され、環境が守られているか?
  • 7. 管理計画:きちんとしたデータや情報に基づく計画がされているか?
  • 8. モニタリングと評価:環境や社会への影響がモニタリングされ、負の影響が抑えられているか?
  • 9. 高い保護価値:森林の生態的、社会的に高い保護価値は守られているか?
  • 10. 管理活動の実施:管理活動は計画通りに行われているか?

※原則と基準の日本語参考訳は以下からダウンロードできます。

この原則・基準は国際的に共通で、FSC認証の取得を希望するすべての管理森林に適用されます。しかし、国や地域によって状況は異なるので、基準の下の指標は国・地域の規格によって多少の違いがあります。これは、どういった指標がその国の実情に合うか考慮し、話し合われた結果です。

2016年には原則と基準第5版に付随した国際標準指標(IGI)が発表され、各国で適用される指標にもある程度の統一が図られることになりました。各国ではこのIGIを各国の実情に合わせて検討し、各国の指標を策定することが求められています。森林管理認証は、各国で策定された指標も含む、国内規格に基づいて審査されます。

日本の国内規格の策定についてはこちら

FM認証には、単独認証とグループ認証があります。グループ認証は小規模な林家が多数集まった森林組合のような団体において、グループ管理者がグループメンバーをまとめ、認証の窓口となることで、各林家への認証の経済的、事務的負担を軽くすることができます。また、FSCでは条件を満たす小規模または低強度な森林管理をしている森林管理事業体には、認証プロセスを簡略化するシステムもあります。

© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218