ニュースルーム


Monday, 29 September 2014
2014年FSC総会が開催されました

©FSC A.C.

2014年9月6日〜14日の9日間にかけて、スペイン、セビリアにてFSC総会が開催されました。世界70カ国から、FSCメンバー、オブザーバー参加も含め500名の皆様にご参加いただきました。


今年の総会は、FSCの国際戦略を議論するFSC Strategic Planning Day 、FSCの20周年を記念したFSC+20 FORUM、サイドミーティング、社会・環境・経済分科会、そして動議を採択するメンバー総会で構成されました。

現在FSCでは2015年から2020にかけての国際戦略(The FSC Global Strategy 2015-2020)の検討を行っており、今回の総会では、初日のFSC Strategic Planning Dayで議論が交わされました。国際戦略については今後さらにコンサルテーションを重ね、来年3月末までには完成する予定です。

またFSC+20 FORUMは、3日間にわたり、森林・林業の抱える課題等について各日異なるテーマで開催され、関係各界のリーダーを交えた議論が行われました。 各日のテーマは以下の通りです: 

  • 9月8日:Too much demand, too little supply: Managing security of supply in a competitive world
  • 9月9日:Tropical forests in trouble: How can certification be a tool to maintain key tropical forest ecosystems? 
  • 9月10日:Good money: Increasing the social and environmental returns from forest investments 

FSCの国際戦略を考える上での重要な意見も出され、FSCではこうした意見も国際戦略案に反映させていく予定です。

また、同じく3日間にわたって、50程のサイドミーティングが行われ、現在FSCが行っている各種活動・検討について最新状況を報告するとともに、関係者同士での議論が行われました。
開催されたサイドミーティングの詳細はFSC総会公式サイトのこちらのページからご覧いただけます。(英語のみ)

その他、フィールドトリップも開催され、希望する参加者がスペインの認証林を訪れました。

そして、最終2日間はFSCメンバーが動議の採択をするメンバー総会です。
事前に出された動議は、この日までに関係者同士の協議により統合、撤回、修正されます。またこの2日間中で修正されることもあります。 

当初96の動議が提出されましたが、統合された動議、取り下げられた動議、投票されなかった動議が合計で58あり、最終的には32の動議が投票されました。
このうち可決された動議は19、否決された動議は13でした。

可決された動議の概要は以下の資料をご覧ください。 
また、可決された動議一覧はFSC総会公式サイトのこちらのページからもご確認いただけます。(英語のみ) 
さらに詳細をご覧になりたい方はFSC総会公式サイトをご確認下さい。(英語のみ)



© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218