ニュースルーム


Wednesday, 07 September 2016
持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献するFSC

Indonesian woman (© FSC GD/Vlad Sokhin)© FSC GD/Vlad Sokhin

FSCは、2015年に採択された国連の持続可能な開発目標(SDGs)に対して様々な面から貢献できる効果的な認証ツールです。


FSC主任アドボカシーオフィサーのJohn Hontelezは次のように述べています。「私たちは、持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標と169項目の達成基準のうち、FSCが11の目標と35項目の達成基準に対して貢献できることを明らかにしました。直接的には目標15の「陸の豊かさも守ろう(Life on Land)」において達成度を測る指標となりますが、それだけでなく貧困、飢餓、男女平等、安全な水、クリーンなエネルギー、労働環境、責任ある生産活動と消費活動、気候変動、平和と公平、パートナーシップ(それぞれ目標1、2、5、6、7、8、12、13、16、17に対応)に関する目標についても達成に貢献します。」

持続可能な開発目標(SDGs)は、国連加盟国が今後15年に渡り、自国の政策の基礎とするものです。最終的な目標は世界から貧困がなくなり、平和と公平の下で人類が持続可能な繁栄をすることです。

FSC認証の貢献について、より具体的に示した文書はこちらからダウンロードできます(英語のみ)。

元記事はこちらから。


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218