ニュースルーム


Thursday, 16 March 2017
王子ネピア、家庭紙メーカーとして日本初FSC普及促進のためWWFジャパンと提携

FSC普及促進啓発ロゴマークと商品表示イメージ (© 王子ネピア株式会社 ©WWFジャパン)© 王子ネピア株式会社 ©WWFジャパン

2017年3月16日、王子ネピア株式会社が、WWFジャパンとのFSCの普及促進を目的とした商標ライセンス契約締結を発表しました。家庭紙メーカーでは日本初の取り組みとなります。


「ネピア クオリティ」として3つの品質(生活品質・環境品質・社会品質)を追求し、「環境品質」に関して2011年から業界に先駆けてFSC認証紙を主要商品に採用してきた王子ネピア株式会社では、この度WWFジャパンとの提携により、商品を通じて、違法な伐採から森を守るFSCを日本の生活者に広くアピールしていくことを発表しました。

また、同社のFSC対象商品の全てに啓発ロゴマークを順次パッケージ表示していく他、環境省が提唱する6月の「環境月間」に合わせた啓発キャンペーンなどを展開する予定です。

詳細は王子ネピア株式会社・WWFジャパン・FSCジャパンによる共同ニュースリリースをご覧ください。

<関連サイト>
王子ネピア株式会社FSC啓発サイト「鼻と森を守りたい人、おしりと森を守りたい人は、ネピアありますか?と言おう」
WWFジャパンウェブサイト「王子ネピアとWWFジャパン、日本初!家庭紙メーカーとのFSC®普及ための協働がスタート!」


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218