ニュースルーム


Friday, 27 April 2018
通常社員総会記念セミナー「FSC森林認証における生態系サービスの概念と生態系サービスの活用に向けた 熱帯林での取り組み」開催のお知らせ

通常社員総会記念セミナー「FSC森林認証における生態系サービスの概念と生態系サービスの活用に向けた 熱帯林での取り組み」開催のお知らせ (© FSCジャパン)© FSCジャパン

2018年5月29日(火)、NPO法人日本森林管理協議会(FSCジャパン)通常社員総会記念セミナーを開催します。


日本森林管理協議会では、来る5月29日に通常社員総会を行いますが、総会後に京都大学 北山兼弘教授をお招きし、記念セミナーとして「FSC森林認証における生態系サービスの概念と生態系サービスの活用に向けた熱帯林での取り組み」(国連大学プロジェクトの支援によるセミナー)を行います。

FSCでは、現在の森林管理のFSCの原則と基準に基づいた認証に追加し、森林がもたらす各種生態系サービスを評価し、森林への付加価値をさらにうたうためのガイダンス・評価手順を検討しています。現在4か国計10サイトでパイロットプロジェクトが実施されていますが、今回ご紹介いただくのはそのうちの一つとなります。

生態系サービスを維持・向上させるために「生態系サービスへの支払い」など、資金を確保するためのメカニズムが既に世界各地で検討・実施されているなか、最先端の現場状況をご紹介するこのセミナーに是非お越しいただければ幸いです。

この記念セミナーは、日本森林管理協議会の会員の方以外もご参加いただけます。講演後には懇親会を行います。併せて是非ご参加ください。

概要

<記念セミナー>
「FSC森林認証における生態系サービスの概念と生態系サービスの活用に向けた熱帯林での取り組み」
※国連大学プロジェクトの支援によるセミナー

講 師:京都大学大学院農学研究科 地域環境科学専攻 森林生態学研究室 北山兼弘 教授
日 時:2018年5月29日(火)16:30~17:30 開場16:00
場 所:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター カンファレンスルーム4C
    東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング
参加費:1,000円
    ※FSC国際会員、NPO法人日本森林管理協議会会員、FSC認証取得者、
    非認証取得者のFSC商標ライセンス取得者は無料。
定 員:80名 ※定員になり次第受け付けを終了させていただきます。

<懇親会>
場 所:同カンファレンスセンター ホール4E
時 間:17:30~18:30
参加費:2,000円。
    ※FSC国際会員、NPO法人日本森林管理協議会会員、FSC認証取得者、
    非認証取得者のFSC商標ライセンス取得者は無料。

講師紹介

北山兼弘氏(きたやま・かねひろ) ハワイ大学植物学科博士課程修了(植物学・博士)。現在、京都大学農学研究科森林生態学研究室教授。マレーシアやインドネシアに於いて、熱帯林の生物多様性や栄養循環に関する研究に従事。2003年からは持続的森林管理の生態系サービス効果に関する研究を実施している。著書に「Co-benefits of Sustainable Forestry –Ecological Studies of a Certified Bornean Rain Forest–」(Springer)など。

お申し込み

NPO法人日本森林管理協議会会員の方はメールにて申込みを受付ております。担当の岩瀬(iwase@forsta.or.jp)までご連絡ください。

NPO法人日本森林管理協議会会員以外の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。
フォームがご利用いただけない場合は、担当の河野(e.kohno@jp.fsc.org)までご連絡ください。

生態系サービス(Ecosystem services)とは

生態系から人々が享受する便益。
これには以下が含まれる:

  • 食料、林産物、水といった供給機能。
  • 洪水、渇水、土地の劣化、大気環境、気候、病気の制御といった制御機能。
  • 土壌生成や栄養循環などの支持機能。
  • レクリエーション、精神的、宗教的なものやその他の非物質的便益などの文化機能と文化価値。

(出典:R. Hassan, R. Scholes and N. Ash. 2005.生態系と人類の幸福:総論.ミレニアム生態系評価.アイランドプレス ワシントンDCに基づく)


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218