ニュースルーム


Friday, 03 May 2019
Dancoal Sp. Z.o.o社の認証一時停止の解消

Announcement (© FSC GD)© FSC GD

この度FSCは2019年5月2日付で、バーベキュー・暖炉用の燃料製品を製造しているポーランドのDancoal Sp. Z.o.o社の商標ライセンス一時停止を解消しました。これは同社が一連の是正活動を実施し、サプライチェーンの厳しい確認体制に対するコミットメントを示したことが評価されたためです。


以前こちらのニュースでお知らせしたとおり、同社の認証は昨年8月から一時停止されていました。これは、ASIによって実施された調査によって同社のブリケット製品に使用されていた熱帯木材がFSC認証林由来ではないことが強く示唆されたためです。

同社では、特定された問題に対して認証機関が要求した是正処置をすべて実施しました。FSCでは、規格への適合をさらに確認するために、同社の得意先すべてで木炭製品の科学的なテストを行い、また同社の木炭を扱う小売店においても無作為なテストを行います。

Dancoal Sp. Z.o.o社では、FSCが取引情報の照合を通じて木炭購入量と販売量の整合性を確認するために必要な情報の提供を行うことを約束しました。

また、同社ではすでに供給された不適合製品の補償として、同量の認証木炭を購入し、これにはFSCラベルを付けずに販売をします。またこれまでの調査にかかった費用の負担だけでなく、木炭サプライチェーンの信頼性、完全性を強化するための活動費用も負担します。

このような是正活動や同社の認証再開を通じて、FSCでは信頼性の保証というものは不適格な認証取得者を除外するだけではなく、責任ある管理がされた森林からの製品のサプライチェーンが抱える問題を解決することで、最終的には消費者が、信頼でき、倫理的な調達がされている認証製品を手に取ることができるようにすることであることを示しています。

2018年にFSCでは木炭サプライチェーンの信頼性、完全性を保証するためにいくつもの重要な活動を実施しました。このためにASIには、東ヨーロッパにおける主要な木炭生産者と供給者の取引情報の照合を要請し、また多くの木炭サンプルを林産物研究室に送りファイバーテストを実施しました。これらの取り組みは2019年に入っても継続しています。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218