ニュースルーム


Wednesday, 26 June 2019
FSC誕生から25年

FSC 25th Anniversary

今年は、FSC誕生25周年記念の年です。


FSCでは、その歴史に深く紐づいているメキシコのカンクン、そしてドイツのボンという2つの都市にて記念イベントを予定しています。

カンクンでのイベントは9月に予定されており、国際会員をはじめとする多くの関係者が参加する予定です。FSC誕生の地として、メキシコは私たちの歴史の中で特別な場所です。FSCは1994年にメキシコで法人登録され、オアハカに当時の事務局が設立されました。設立時の事務局員数はたったの3名でした。

その後FSCは、2003年にボンに国際事務局を移転しました。この時世界のFSC認証林面積は、4000万ヘクタール超であり、市場に出回っているFSC認証製品は2万点以上ありました。以降、ボンは私たちの組織にとって非常に重要な場所であり続けています。6月25日にはボンにて祝賀会が開かれました。

FSC事務局長のキム・カールステンセンは次のように述べています。「FSCには祝うべきものがたくさんあります。私たちは世界で最も信頼される持続可能な森林管理のソリューションに成長しました。私たちの構築した民主的な規格改善の仕組みによって、世界中の森林がより責任をもって管理されるようになっています。気候変動や生物多様性の消失といった問題が危機感を増す中、FSCは本当に意味のあるソリューションを提供するための重要なツールとして在り続けます。」

現在、世界のFSC認証林の面積は約2億ヘクタールとなり、また世界中で3万8千を超えるCoC認証が発行されています。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218