ニュースルーム


Wednesday, 20 January 2021
丸紅株式会社がFSC認証等の監査効率・精度の向上を図るデジタル監査プラットフォーム“Wowdit”(ウォーディット)を開発しました。

Wowdit!TOP画像イメージ (© 丸紅株式会社)© 丸紅株式会社

2020年11月よりFSC CoC認証を対象にテスト販売を開始しました。


丸紅株式会社は、環境・社会認証に携わる企業の負担を抑え、消費者の需要喚起による環境・社会認証品の普及を図り、より多くの企業・消費者がサステナブルな生産・流通・消費行動に取り組める仕組みの構築を目指し、デジタル監査プラットフォーム“Wowdit”(ウォーディット)を開発しました。

第一弾として、FSC CoC認証取得者を対象に、認証取得企業、監査会社双方の監査効率・精度の向上を図るデジタル監査サポートのためのウェブサービスのテスト販売を2020年11月より開始しました。

“Wowdit”(ウォーディット)では、日々の取引書類や基幹システムデータをアップロードすることで監査に必要な情報を自動集計、即時確認することが可能です。現在はFSC CoC認証ではトランスファーシステムのみを対象としており、2021年上期以降にはクレジットシステムおよびパーセンテージシステムにも対象を広げ、本格サブスクリプション展開が予定されています。

丸紅株式会社では、森林認証業界の各ステークホルダーとの協議を重ねながら本サービスの開発を進め、2020年8月には同業界の認定機関の1つであるドイツの認定機関ASI社の評価を受け、対象となる認証規定との適合を確認しました。また、丸紅の国内外のグループ企業を対象に実証実験を行い、監査業務の効率化に大きく寄与することが確認されています。

“Wowdit”(ウォーディット)について詳しくはこちらをご覧ください。
Wowdit公式サイト:https://wowdit.net/lp

Wowdit!効率化イメージ (© 丸紅株式会社)© 丸紅株式会社


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218