テクニカル・アップデート


Tuesday, 17 July 2018
管理木材戦略草案のパブリックコンサルテーション(意見公募)

Jason (© Jesse Cruz)© Jesse Cruz

この度、管理木材戦略の草案が完成し、2018年9月17日までパブリックコンサルテーション(意見公募)が実施されています。


FSCでは、「FSCミックス製品」とその製造に用いられる管理木材の未来についての方向性を決定するために2年以上に渡り利害関係者と協議を重ねてきました。

これまで提案されてきた様々な選択肢を踏まえ、2018年6月に3日間のワークショップが開催され、フューチャーサーチと呼ばれる手法を用いて管理木材戦略のビジョンと目標が合意されました。

これらは管理木材戦略の草案に含まれており、今回のコンサルテーションにおいて意見募集されています。コンサルテーションで寄せられたコメントは、管理木材戦略の諮問グループが確認の上、戦略の最終版に反映します。

管理木材戦略の最終版は2018年末にFSC理事会に提出される予定です。

戦略の主要なポイントは?

本戦略ではビジョンとして、以下が掲げられています:

  • ミックス製品と管理木材に関するFSC戦略では、最終的な目標として、FSC制度の「FSCミックス」製品及び、それらを生産するための管理木材への依存を軽減することを示す。

また、これを達成するために以下の8つの個別目標が掲げられています:

  • 1:認証林の増加
  • 2:認証ツールボックス
  • 3:要求事項の効率化
  • 4:地域的な妥当性
  • 5:データを用いた保証と意思決定
  • 6:持続可能管理の価値
  • 7:非認証林地域での影響
  • 8:コミュニケーション

そして、これらの個別目標を達成するために、いくつもの具体的な行動が提案されています。

詳細は、下の管理木材戦略草案の日本語参考訳をご覧ください。

コメント提出方法

FSCでは、パブリックコンサルテーションを「FSCコンサルテーションプラットフォーム」というオンラインフォームを用いて行っています。
こちらでは、コメント提出者がご自身で英語のコメントを「FSCコンサルテーションプラットフォーム」にてオンライン提出することが求められます。

同プラットフォームでは、最初にアカウントを作成する必要があります。
ページ下部にアカウント作成方法と回答方法を説明した資料を用意いたしましたので必要に応じてご覧ください。

また、ページ下部に今回のコンサルテーションの質問に日本語訳を付けたファイルがありますので、こちらを参考にできるだけ、ご自身でコメントを提出いただくようお願い致します。
すべての質問に答える必要はありません。回答したい質問にだけ回答すれば問題ありません。

記述式コメントの英訳が必要な方は、質問一覧ファイルに日本語でコメントをご記入の上、9月7日(金)までにFSCジャパン汐見(shiomi@forsta.or.jp)までメールでお送りください。

英訳をメールでお返しいたしますので、ご自身でFSCコンサルテーションプラットフォームにご記入ください。

英語での回答期限は9月17日(月)です。

FSCコンサルテーションプラットフォームはこちら

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218