テクニカル・アップデート


Tuesday, 18 December 2018
FPIC実施のためのFSCガイドライン改定のため、ワーキンググループ会議が開催されました

男女平等

FSC森林管理(FM)認証における自由意思による、事前の、十分な情報に基づく同意(FPIC)実施のためのFSCガイドラインを改定するためのワーキンググループ(作業部会)会議が開催されました。ワーキンググループは6名のFSC国際会員と1名の技術アドバイザー(認証機関代表)、FSC理事会との連絡担当者、FSC指針規格委員会との連絡担当者、常設先住民族委員会との連絡担当者から構成されており、このチームを文書編集者とプロジェクトコーディネーターがサポートしています。


以前こちらのニュースでもお知らせしたとおり、FPIC実施のためのFSCガイドラインの第1版は、FSCの原則と基準や国内森林管理規格の要求事項を満たすFPICの設計、実施、評価方法について、できるだけ明確な説明を示したものとして、2012年に公開されました。

この度ワーキンググループでは、同ガイド第1版を基に、改定版草案を作成すべく3日間のワークショップを開催しました。改定版草案は2019年3月に公開され、60日間のパブリックコンサルテーションが行われる予定です。利害関係者はこの間にオンラインのコンサルテーションプラットフォームからコメントを提出できます。また、メーリングリストによる諮問フォーラムを通じてコメントを提出することも可能です。諮問フォーラムに参加をご希望の方は、プロジェクトコーディネーターのJoachim Meier-Dörnberg( j.meier-doernberg at fsc point org)までご連絡ください。

ガイドラインは、基本文書部分と対象者別の附則部分によって構成される予定です。対象者には先住民族、伝統的民族、地域社会、認証取得者、認証機関、国内規格策定グループが予定されています。

FPICガイドラインの改定について、詳しく知りたい場合は、プロジェクトコーディネーターのJoachim Meier-Dörnberg( j.meier-doernberg at fsc point org)までご連絡ください。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218