テクニカル・アップデート


Friday, 03 May 2019
FSC森林管理(FM)認証のグループ認証規格改定作業の開始

男女平等

FSC-STD-30-005 V1-1「森林管理グループにおけるグループ事業体のためのFSC規格」の改定を行うワーキンググループ(作業部会)がスウェーデンで最初のミーティングを行い、いくつかの点について合意しました。


SC-STD-30-005 V1-1「森林管理グループにおけるグループ事業体のためのFSC規格」の改定を行うワーキンググループ(作業部会)が2019年2月にスウェーデン北部の都市であるウメオで最初のミーティングを行いました。
ワーキンググループでは、現在のグループ認証規格の改善点や明確化が必要な点を洗い出しました。これには例えば以下のようなものが含まれます:

  • 認証機関による監査の際に訪問が必要となる管理区画の数を決めるための方法。
  • グループの種類と定義。
  • グループ内部での品質管理システム。

また、グループ全体として満たすことができる要求事項、そしてコミュニティをどのように規格に取り込むかの2点についてはワーキンググループのサブチームによって、今後議論される必要があります。

グループ認証規格の改定は、FSCの小規模及びコミュニティ認証のための新しいアプローチプロジェクトの下で行われています。このプロジェクトでは他にも林業請負業者をどのように規格に取り込むか、また小規模森林所有者がどのように認証を取得できるようにするかという検討やパイロットテストも行っており、これらの点もグループ認証規格に反映されることが期待されます。

ワーキンググループによるミーティングにはFSCスウェーデンおよび地域の利害関係者が参加し、スウェーデンの林業や請負業者の関わり方についての情報インプットを行いました。

ワーキンググループメンバーは、全般的にミーティング結果に満足しており、規格改定へのモチベーションを高めています。次回のミーティングは6月にポルトガルのカルカヴぇロスで行われます。規格の改定作業は2020年第1四半期まで続く予定です。

指紋フォーラムに参加することで、誰でも規格改定に関する最新情報を入手できます。参加するためにはこちらのリンクからApply for membershipを選択してください。

グループ認証規格の改定についてのお問い合わせは、FSC社会指針マネージャーのJoachim Meier-Dörnberg(j.meier-doernberg@fsc.org)までご連絡ください。

FSCの小規模及びコミュニティ認証のための新しいアプローチプロジェクトに関するお問い合わせは、プロジェクトマネージャーのVera Santos(v.santos@fsc.org)までご連絡ください。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218