テクニカル・アップデート


Thursday, 15 August 2019
ベトナムラバーグループとの関係断絶解消に向けた一歩

Technical Updates

FSCは、ベトナムラバーグループ(以下VRG)との関係断絶を解消するためのロードマップを作成するために、同グループと正式な対話を開始することに合意しました。


こちらのニュースでお知らせした通り、2015年にFSCはVRGの「組織とFSCの関係に関する指針(FSC-POL-01-004)」違反報告を受け、調査を行った結果、同グループとの関係断絶を決定しました。VRGはFSCとの関係断絶を解消するため、継続的にFSCにアプローチをし「組織とFSCの関係に関する指針(FSC-POL-01-004)」の順守と過去に引き起こした被害の是正活動を行うことを約束しました。これを受け、FSCは同グループがロードマップ作成・実施プロセスに入る準備ができているかを正式に評価することを決定しました。

この評価には様々な要素があり、少なくとも以下の項目が含まれます:

  • VRGの経営陣が「組織とFSCの関係に関する指針(FSC-POL-01-004)」の順守に関する公約を示す。
  • VRGの以前のビジネス慣行を廃止し、より責任ある活動が行われるために必要な価値観(方針、慣習、行動規範)を身につけている。
  • VRGが透明性を持ち、利害関係者を関与させつつ新たな方針の実施に向けた信頼できる一歩を踏み出している。

この評価によって、VRGがロードマップ作成・実施プロセスに入る準備ができていることが確認された際には、まずFSCとVRGによって幅広い利害関係者との協議に向けて動き出します。2015年の関係断絶の際に、FSCは、VRGとの関係断絶解消を検討するために必要な最低条件を定めました。この最低条件に加えて、追加条件が透明性を持った利害関係者との協議とパブリックコンサルテーションによって定められます。これには、過去の「組織とFSCの関係に関する指針(FSC-POL-01-004)」違反に対する復元措置の評価と特定も含まれます。

このプロセスによって、関係断絶解消に向けたロードマップの最終仕様が決まります。VRGがFSCとの関係断絶を解消するためには、ロードマップの順守を証明するために定められる閾値を十分に満たしたことを示す必要があります。
それまで同グループとの関係断絶状態は継続します。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218