テクニカル・アップデート


Thursday, 09 January 2020
ベトナムラバーグループ(VRG)との関係断絶解消に向けたさらなる一歩

Integrity stories

FSCは、ベトナムラバーグループ(以下VRG)との関係断絶解消を目的とした正式な協議を開始することを決定しました。これによって、VRGによる過去の「組織とFSCの関係に関する指針(FSC-POL-01-004)」違反行動の是正、違反行動によって引き起こされた悪影響の軽減を図ります。


以前こちらのニュースでお伝えした通り、FSCは、VRGがFSCとの関係断絶解消に向けたロードマップ作成・実施プロセスに入る準備ができているかを正式に評価しました。その結果、準備ができていることが確認できたため、2020年に「FSCとの関係断絶解消に向けたロードマップ」を作成するプロセスに入ることを決定しました。

評価では、VRGの経営陣が「組織とFSCの関係に関する指針(FSC-POL-01-004)」の順守に関する公約が確認されました。これには、同グループによる過去の過ちを公に認め、対処することの公約が含まれます。対処には、適切な社会・環境的な価値やより責任のあるビジネス実践方法を身に着けるための具体的なステップ、透明性を示すこと、利害関係者との協働を強化するためのステップ、そしてこれ以上自然林を転換しないことが求められます。

FSCは、計画的に透明性をもって、利害関係者と共にロードマップの作製を開始します。ロードマップでは、VRGが特定された過去の過ちを是正し、引き起こされた環境、社会的な悪影響を改善し、これ以上「組織とFSCの関係に関する指針」違反を行わないために必要な条件が示されます。ロードマップには、どのようにこれらの条件が満たされたかどうかを判断するのかについても規定されます。条件が満たされたと判断された場合、FSCはVRGがFSCとの関係を再構築できるか評価します。

こちらのニュースでお知らせした通り、VRGは2015年に、中立な調査を通じてカンボジアにおいて「組織とFSCとの関係に関する指針(FSC–POL–01–004)」で定められている許容できない活動を行なったと結論付けられたことから、FSCとの関係を断絶されました。lこの調査は2014年9月にグローバル・ウィットネスから提出された正式な苦情に基づき実施されました。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218