テクニカル・アップデート


Tuesday, 01 September 2020
日本国内森林管理規格第1.1版が公開されました

かねてより改訂作業を行っていた日本国内森林管理規格が承認され、第1.1版が公開されました。2020年12月1日に発効となり、日本全国の森林管理(FM)認証の審査でお使いいただけます。


今回の規格改訂の目的は、国内森林管理規格の基となる国際標準指標(IGI)の改定により追加された指標を国内規格に反映させること、および非木材林産物(NTFP)の指標を盛り込み、NTFPの認証もできるようにすることでした。また、日本国内森林管理規格第1.1版に伴い、高い保護価値(HCV)の枠組みも整えられ、HCVに関連する要求事項の実施については、この枠組みに沿って行うことが求められます。


移行期間は1年で、この期間中は以前の国内規格第1.0版もお使いいただけますが、移行期間終了までに本規格を使用して審査が行われている必要があります。


新しい日本国内森林管理規格第1.1版およびHCV枠組み文書の英語版、日本語参考訳、及び以前の国内規格からの変更点がご覧いただける変更履歴付きの文書は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。



© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218