テクニカル・アップデート


Thursday, 05 November 2020
ポルトガルとスペインにおけるユーカリパルプの取引情報の照合調査が完了しました(2020年10月)

Technical Updates

ASIとFSCは、イベリア半島におけるFSCユーカリサプライチェーンの不正確な情報に関する取引情報の照合調査を完了しました。


この調査は2019年6月から2020年9月の間に行われました。調査ではサプライチェーンの取引情報が分析され、不正行為がどこまで拡大しているのか確認された他、FSC制度における不正確な取引情報のリスクを低減するための勧告が出されました。

認証機関を通じて256社の認証取得者から集められた2018年以降の取引データはASIに渡され、約4,500件の取引情報からいくつか一致しないものが見つかりました。大部分は意図的ではないミスによる間違えでしたが、数件の取引については意図的な不正表示であることが確認されました。

調査結果は?

調査の第一段階では158件の取引情報に間違えの可能性が見つかりました。調査の第二段階としてこの158件の取引情報を詳細に確認し、2件の不正表示が確認されました。
この結果、この2件の不正表示に関わった以下に示す2社の認証取得者の認証が、認証機関によって取り消し、または一時停止されました。またFSCとしてもこれら企業のライセンス契約を取り消し、再度FSC認証を受けることができないようにブロックをしました。またこれらの措置は、これら2社の企業のグループ会社にも適用されます。

【Madeiras Afonso社(認証番号TT-COC-004361)】

  • 不正表示のため2020年9月1日付で認証取消。商標ライセンス契約の取消。再認証からブロック。
  • 同社が関係するFM認証(認証番号CU-FM/COC-850248)も認証取消。商標ライセンス契約の取消。再認証からブロック。
  • グループ会社であるMAPAFOZ社 (認証番号TT-COC-005125)の商標ライセンス契約の一時停止。再認証からブロック。

【H.S. Madeiras社(認証番号NC-COC-0247095)】

  • 不適合製品への対応の実施根拠を提出できなかったため2020年9月24日付で認証一時停止。商標ライセンス契約の一時停止。再認証からブロック。
  • 2B Forest GroupのFM認証グループ(認証番号SA-FM/COC-005773)から除外。

FSCは、今回の調査で得られた知見から、FMグループ認証取得者から購入する木材に関する不正表示のリスクを低減するために、グループ認証規格にリスクに基づく条項を追加しました。

FSCでは、類似するサプライチェーンにおける不正表示のリスクを低減するためのさらなる措置を模索しています。これらの措置は、利害関係者の支持を得られれば、実際の運用に落とし込まれる見込みです。

FSCでは、信頼できる持続可能な森林管理のソリューションで在り続けるために、制度の信頼性・完全性を最重要視しています。

元記事はこちら


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218