テクニカル・アップデート


Monday, 14 December 2020
FSCデジタル審査レポートのスケジュール見直し(FM審査)

Technical Updates

先日こちらのニュースでFSCデジタル審査レポートテンプレートの使用義務化と、テンプレートのダウンロードページをお知らせしましたが、その後認証機関と協議を行った結果、FSCデジタル審査レポートの使用スケジュールを見直すことが決定されました。認証機関からは新型コロナウイルスの影響下で当初のスケジュールには無理があるという意見が寄せられておりました。


ただし、フェーズ2として予定しているFSCデジタル審査レポートの完全な適用開始時期は、2022年1月1日から変更しておりません。

テスト期間と反復改善サイクルの導入

先日のニュースでは、2021年1月からFSCデジタル審査レポートの使用が義務化されるとお伝えしましたが、このフェーズ1の開始は2020年8月1日へと延期されます。

FSCは、この延期による時間的な余裕を利用して2021年の上半期にレポートテンプレートの改善を行いたいと考えています。

つまり、この期間は義務的なテスト期間となり、FSCデジタル審査レポートの改善のためにテストとフィードバックを繰り返すための期間とする予定です。FM認証審査を行っているすべての認証機関は、デジタル審査レポートおよび同期プラットフォームのテストに協力することが求められます。認証機関は、自身の審査しているFM認証取得者の代表的な種類をすべてカバーするよう、テストすることが求められます。

このテスト期間の導入によって当初予定していたFSCデジタル審査レポート使用開始は遅れますが、長期的な視点からは、早い段階で仕組みの改善ができるメリットが大きいと考えています。このようなテスト期間の導入は、FSC制度内でも初めての取り組みであり、この経験が今後のFSC運営においても役立つと信じています。

既に訳語が用意されている国に注力

新型コロナウイルスの影響でFM審査のスムーズな実施が難しい中、認証機関の負担を軽減するために、FSCでは2021年中は既に訳語が用意されている9言語で行う審査に限定してFSCデジタル審査レポートを使用することを決定しました。

既に訳語が用意されている9言語とは、英語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、日本語、ポルトガル語、ロシア語、ウクライナ語、中国語であり、これらの言語を用いる審査はFM認証取得者の大部分をカバーします。

年1月1日からはすべての言語で実施されるFM審査がFSCデジタル審査レポートの対象となります。

見直されたスケジュールの概要

FMデジタル審査レポートのスケジュール

詳細は、認証機関向けのディレクティブであるFSC-DIR-20-007のFSC-ADVICE-20-007-20をご覧ください。


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218