テクニカル・アップデート


Tuesday, 05 October 2021
組織とFSCとの関係に関する指針改定のパブリックコンサルテーション(意見公募)

Technical Updates

この度FSCでは、組織とFSCとの関係に関する指針の第3版の第4草案を完成させ、2021年12月2日までの期間でパブリックコンサルテーション(意見公募)を実施しています。


本指針は、FSCに関係する個人や組織が、それぞれの活動において破壊的な行動を避け、FSCの価値観を尊重するための誓約を求める者です。これは、環境・社会的な悪影響をに関与する組織に、相応の責任を負わせるためのものです。

組織とFSCとの関係に関する指針は、森林や森林に依存する人々を守る機能を強化するために非常に重要な文書です。

2021年5月から7月に実施されたパブリックコンサルテーションでは68名から回答が得られました。改定の方向性には概ね賛同を得ました。また今回の草案では更なる明確化が図られ、例や用語と定義の追加が行われました。例えば、労働者の件輪姦する許容できない活動を説明するための言いまわしの変更や、重大な転換の定義の見直しが行われています。

組織とFSCとの関係に関する指針は、FSC会員、認証取得者、ライセンス所有者すべてに関係するものです。そのため是非この機会にご意見をいただけますと幸いです。

こちらの元記事では、英語とスペイン語のオンラインセミナーのスケジュールも共有されております。

コメント提出方法

FSCでは、パブリックコンサルテーションを「FSCコンサルテーションプラットフォーム」というオンラインフォームを用いて行っています。

こちらでは、コメント提出者がご自身で英語のコメントを「FSCコンサルテーションプラットフォーム」にてオンライン提出することが求められます。

同プラットフォームでは、最初にアカウントを作成する必要があります。
ページ下部にアカウント作成方法と回答方法を説明した資料を用意いたしましたので必要に応じてご覧ください。

すべての質問に答える必要はありません。回答したい質問にだけ回答すれば問題ありません。

FSCコンサルテーションプラットフォームはこちら

コンサルテーションのページにログインをすると、「SECOND PUBLIC CONSULTATION ON THE FSC POLICY FOR ASSOCIATION」というパネルがありますので、そちらのParticipateというボタンをクリックしてください。


© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218