FSCの活動の特徴

FSCのメリット (© FSC A.C.)© FSC A.C.過去20年に渡って、FSCは最も厳格で信頼性の高い森林認証システムであるとの評判を獲得してきました。その結果、FSCはそのシステムを差別化するうえで大きなメリットとなる意義ある特徴を持っています。


信頼性

FSCは公平に権限を持つ社会、環境、経済の3つの分会の上に立った独立した会員主導の組織です。メンバーは理事会の選挙をし、重大な決定事項の投票を行います。責任ある森林管理に貢献する誰もがFSCのメンバーになれます。このオープンでバランスのとれたアプローチはFSCの特徴で、視点の多様性が意思決定に反映されるようにしています。

環境保護

FSCの森林管理基準は水質保護や希少な原生林での伐採の禁止、天然林被覆の消失の回避、危険性の高い薬品の禁止など広範に渡り、全てFSCシステムの独特の特質を示しています。例えば、FSCでは米国法では認可されている一方ヨーロッパで禁止されているアトラジンの使用を禁止しています。なぜなら、水質汚染や先天性欠損症などの原因となる兆候が見られるためです。他の認証には薬品の空中散布を含むアトラジン使用を認めているものもあります。

コミュニティーとの積極的な関わり

FSCは、私有林に対しても公有林に対しても同様に、地元のコミュニティーに関与し、先住民の慣習法を保護することを森林管理者に要求します。彼らの声を認証プロセスの一部に反映し、森林施業の影響に対応するようにします。さらに、FSCは、私有林であっても認証監査の結果を公表するように規定しており、これもまた他の認証と異なる特徴です。

マーケットへのアクセス

多くの大企業がFSC認証製品を選択するという方針を持っています。LEEDプログラムを推進するグリーン・ビルディング基準はFSC認証材を積極的に使用するインセンティブを設けています。多くの国の小売店で消費者がFSC認証製品を求める動きも出てきてきます。多くの政府が調達方針の中でFSC認証製品の使用を要求しています。FSC認証取得企業はこうした市場を含む様々な市場へのアクセスを得ています。

© Forest Stewardship Council® · FSC® F000218